撮りたくなるね!

暇さえあれば写真を撮りたい!そんな著者がカメラの使い方から撮り方、機材のレビューなどをお届けするブログです。

センサーサイズとは?

 

 

www.jama-photography.com

 

上記の記事で

「フルサイズ」APS-Cというセンサーについて

少しだけお話ししました

 

今回はそのセンサーについてお話しようと思います!

 

 

まず、センサーサイズという名のとおり

「フルサイズ」と「APS-C」のセンサーでは

大きさが違います

 

フルサイズは大きく

APS-Cはそれに比べて小さいです

 

フルサイズより大きいセンサーも

APS-Cより小さいセンサーも

実は存在するのですが

デジタル一眼レフのセンサーとしては

この2つが主流です

 

 

なのでこの2つの比較をしていこうと思います

 

 

まずどちらの写りが綺麗かといえば

素人には分かりづらいかもしれませんが

これはフルサイズのほうが綺麗だと言えます

 

フルサイズ機のほうが画素数が高いこともしばしばですし

またそれだけでなく

センサーがAPS-Cより大きいことによって

ボケが綺麗に大きくでます

 

前ボケ後ボケとボケにも種類はありますが

それを大きく見せたいならばフルサイズのほうが良いと私は思います

 

しかし、レンズの焦点距離(望遠や広角など写る広さを表す言葉)によっても

望遠のほうがボケがわかりやすく

広角はボケが分かりづらくなります

 

文頭の記事でオススメした

50mm(←これが焦点距離)のレンズを買うという方であれば

十分にボケは楽しむことができます

 

しかし一概には言えず、

APS-Cセンサー

レンズが1.5倍相当または1.6倍相当になるので

持ち合わせているレンズが50mmの場合は75〜80mm相当になります

実際には焦点距離が長ければ長いほど(望遠なら望遠なほど)ボケ量も大きくなるので

大きいボケを求めるには必ずしもフルサイズとは言えず

APS-Cが良い場合もあります

 

ただ、レンズの焦点距離が変わってしまうというのは

もっと遠くを撮りたいというときには良いですが

せっかく広く撮れるレンズなのに、、

というようにデメリットでもあります

 

そのため、私個人としては

長い目で見るとフルサイズのほうが

使い勝手はいいのかなと思います

 

ですがどちらにもメリットデメリットありますので

メインをフルサイズ

サブをAPS-Cで という方も沢山いらっしゃいます

 

私自身も少し前までAPS-Cをサブとして使っていました

 

 

しかしどちらにもメリットデメリットがある中でも

やはり写り全体の綺麗さはフルサイズの圧勝です

 

プロのカメラマンさんも

殆どの方が現在はメインでフルサイズ機を

ご使用なさっているかと思います!

 

 

でもそんなプロとか目指すつもりないし、、

そんなふうに思う方もいるかと思います

 

 

しかし、写真にハマっていった頃に

フルサイズ機買っておけばよかったなって

後悔する日が必ず来ます

 

フルサイズ機でなければ撮れない

そんな写真がきっと撮りたくなると思います

 

って、そんな言い方をすると

無理にフルサイズのほうをおすすめされているような気がするかもしれませんが

これは私の本音です

 

あまり言い過ぎは良くないので

これ以上は控えますね

 

 

そんなかんじで

センサーによって特性なども違いがあります

 

私個人の意見として

フルサイズをおすすめした言い方にはなりましたが

もちろん人によっては予算もありますし

まずは安値なAPS-Cセンサーのカメラを

買ってみることも良いと思います!

 

まずはカメラを持ってみる

そこから始めてみてください!

 

もしなにかあればご相談に乗りますので

コメントお待ちしています!(^^)

 

 

f:id:syashingasuki:20170909224438j:plain

国立新美術館